両会長挨拶

第18回かながわ薬剤師学術大会開催にあたり

鵜飼 典男会長

公益社団法人 神奈川県薬剤師会
会長 鵜飼 典男

令和の新時代に神奈川県薬剤師会と神奈川県病院薬剤師会合同の学術大会を開催することとなりました。
本学術大会を開催するにあたり、主催者の一人としてご挨拶申し上げます。

今回で18回目となるかながわ薬剤師学術大会は神奈川県薬剤師会と神奈川県病院薬剤師会が相協力し同じテーマのもと、薬剤師が日ごろの研究成果を発表し、新しい知識を得て職能向上を目指し、安心・安全な医療の確保及び提供することにより薬剤師綱領にありますように社会における薬事衛生の増進に寄与することを目指すものであります。

近年、医療業界の進歩は目覚ましく、我々薬剤師にも否応なくAI化の波が急速に押し寄せています。我々薬剤師もこの時流に乗り遅れることはできません。また、2020年には東京オリンピックが開催されます。このような状況を踏まえて、今回の大会のメインテーマを「いざ変革!2020〜その先へ〜」とさせていただきました。

薬学界では、薬機法の改正にともなう法施行を含む、我々、薬剤師が今、何をしなければならないかという大命題に応えるべく、最善の努力が求められています。
県民の皆様方の理解を得て、地域医療への連携を深めていかなければなりません。この大会を通じて、薬剤師としての向上の精神に富んだ気概を持っていただきたいと存じます。

特別講演では講師に東京大学大学院医学系研究科 地域医薬システム学講座 今井博久教授を迎え地域フォーミュラリについてご講演いただきます。皆様の日頃の業務に活かしていただきたいと思います。
県民公開講座は前回、前々回と数回に渡り命の大切さをお伝えしたく開催してまいりましたが、今回は「ロボットの可能性は無限(働く場/役割/その将来?)」と題し、東京大学名誉教授 佐藤知正氏に講演していただきます。

また恒例のお薬相談・健康測定、献血なども併せて実施いたしますので多数の方々のご参加を心よりお待ちしております。

第18回かながわ薬剤師学術大会開催にあたり

金田 光正会長

公益社団法人 神奈川県病院薬剤師会
会長 金田 光正

この度、令和2年1月12日(日) パシフィコ横浜・会議センターにおきまして、第18回かながわ薬剤師学術大会を開催させていただくこととなりました。
本学術大会開催に当たり、一言ご挨拶を申し上げます。

かながわ薬剤師学術大会は、神奈川県薬剤師会と神奈川県病院薬剤師会の協力により共同開催されており、その目的は、医療に従事する薬剤師が日常業務より得た新しい知見や業務改善に関する成果などを発表・討議することにより、相互に学術・技術の向上を目指し、薬物治療の向上及び高度医療に貢献し安全で安心な医療の確保と提供に務め、ひいては社会における薬事衛生の増進に寄与することを目指すものです。本学術大会は両会会員薬剤師の日頃の成果を発表する場として、また全国規模の学会発表への登竜門的な役割も担いながら情報交流の場として成長して参りました。近年では薬学生の参加者も含め、その数は1,200名を超える学術大会となっております。

急速な少子高齢化と人生100年時代に向けた社会保障制度を推進するため我が国の医療は、医療機関の機能分化、地域包括ケアシステム構築へと動き始めました。高度急性期医療から急性期、回復期、療養・在宅へと薬物治療をシームレスにつないでいくために薬剤師には大きな期待が寄せられています。

神奈川県においても薬学的専門性を活かした薬物治療の質と安全を高めるための様々な取り組みがなされておりますが、真に社会から信頼される存在となるためにはより一層の研鑽を積み、公益社団法人である両薬剤師会の連携を更に深め、推進していくことが大切であると考えます。

最近では、院内フォーミュラリから地域フォーミュラリへその取り組みが注目されており、医療費削減はもとよりポリファーマシー対策、医療安全等への貢献など薬剤師の関わりが期待されています。またがんゲノムによる個別化医療、核酸医薬、IoT、ビッグデータ、AIをはじめとした新たな技術にも柔軟かつ効率的に対応していく必要があります。
加えて今後の薬機法、薬剤師法の改正についても目が離せません。

このような状況を踏まえて、今回の学術大会のメインテーマを「いざ変革!2020〜その先へ〜」とさせていただきました。2020年オリンピックイヤーを迎えるにあたり、多様なニーズに応えるため個々のスキル向上を目指し、学術大会の参加を一つの自己啓発と捉えてほしいと思います。現在、関係者一同、有意義な学術大会にすべく、鋭意準備を進めております。2020年、その先を見据えたこれからの薬剤師として医療の更なる発展に寄与してゆけるように神奈川から薬剤師活動を発信していきましょう。

第18回かながわ薬剤師学術大会へのご参加を心よりお待ちしております。